<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五頭連山

5月5日、五頭連山の沢にてようやく親子発見とのニュース。以前、どうしてもっと早く発見できないのだろうかと、もどかしく思いブログにUPしたこともあった。おそらく何日も救助を待っていたはずだしもっと早くから人数をかけ救助しなかったのだろうか。本当に残念な遭難で悔しい。
[PR]
by shintani7816 | 2018-05-29 16:22 | Comments(0)

ツバメの家族

輪島、道の駅前に小さな店があり時々こんにゃく、野菜をゲットするなじみの店。いつものように店に入ると陳列ケースに一羽のつばめ、上を見るとと三羽のひなが巣の中に、クーラーの上にも一羽、一羽は親鳥と散歩に。合計八羽のファミリーでそれにしてもあの巣にどうして寝るのだろうか。巣を離れたひなは戻れるのだろうか。人に慣れ過ぎて猫にさらわれないだろうか心配しながら輪島工場へ。 気になり帰りに寄ってみると散歩していたひなは巣の中に。やれやれ。ひなだけではみんなおとなしいが親鳥が戻ってくるとピイピイ戦争状態。あんなに近くツバメを見るのは久し振りで無事巣立ちをしてほしい。来週、この家族、無事北帰行しているだろうか。
a0142317_14584847.jpg

[PR]
by shintani7816 | 2018-05-29 15:10 | Comments(0)

15きろ

5月20日 朝、8時過ぎから久し振りのウオーキング。金沢港を目指し往復8キロプラス1キロで9キロ。途中走りたいとの誘惑を抑え10月までまだまだと膝の調子を気にしながら午前の部終了。よる8.30から6キロは、キロ6分半ぐらいのペースでなんとか。50メーター道路を走るランナーに勇気ずけられ目標クリアー出来た。一人だけだったら途中歩いていたかも。 合計15キロの運動でしたがひざは元気で次回ランニングをもう少し長く出来そう。一安心。 
[PR]
by shintani7816 | 2018-05-21 10:09 | Comments(0)

大先輩

5月12日、昭和28年入社の山田さん奥さんと30年入社山田さんご夫妻が久し振りで来社され当時の様子に花が咲き時間のたつのを忘れお互いにヒートアップ。当時は2班編成で朝手掛けた製品は夕方には必ず仕上がりチームワークもよくA班B班との競い合いは忘れられない思い出だったとのこと。奥さんも青春時代に戻ったかのようでとても魅力的で今でも青年のよう。ちかじか創業70周年を迎えられるのも山田さんご夫妻ら先輩のお蔭。70年前のシステムを再現したいものだ。
[PR]
by shintani7816 | 2018-05-14 12:00 | Comments(0)

親子登山

新潟県での親子遭難事故で未だに発見できずもどかしい思いをしているのは自分だけだろうか。「40人で捜索」の記事を見た時なぜもっと人数をかけないのだろうか、今寒さにどうしているんだろうか、「親子発見」の情報を今か今かと金沢から待っている。
[PR]
by shintani7816 | 2018-05-09 16:19 | Comments(0)

今シーズン最後

昨日6時過ぎ、雨も降り気温も低く今シーズン最後と残っていた薪をくべる。今年は雪も多く昨年手配した薪は暖房、焼き芋に使いきってしまった。5月に入り炎を見るのは何年振りだろうか。暖房は勿論、癒しの炎、焼き芋のお土産、と大活躍してくれた暖炉は昨日で終了し煙突掃除、クリー二ングをし再活躍は6か月後。今度も3トンのコナラをゲットしたいと思っているが年々難しくなってきた。
a0142317_10085648.jpg

[PR]
by shintani7816 | 2018-05-08 10:14 | Comments(0)

音楽祭

4月28日ー5月5日、風と緑の楽都 音楽祭 2018が金沢駅周辺にて開かれ今年はモーツアルトが演奏された。 3日、盲目のピアニスト辻井伸行、オーケストラ、アンサンブル金沢、アシュケナージさん指揮の黄金取り合わせを聞きたいと思ったが残念ながらチケット入手できず4日立見席での参加。シンフォニーNO36.「戴冠式」を1時間フルに堪能。盲目の辻井さんと指揮者、アンサンブル金沢によるクラシックが素晴らしく事前の打ち合わせはどのようにして行われるのか舞台裏を見てみたい。 金沢駅周辺のイベントも盛り沢山で本演奏の合間にあちこちはしごするのも大変楽しいゴールデンウイークでした。
[PR]
by shintani7816 | 2018-05-07 13:16 | Comments(0)

不惜身命 但惜身命

a0142317_16130637.jpg
身命を惜まず、但だ身命を惜しむなり  道元禅師

仏道を修めるためには自らの身命をもかえりみないこと。
そしてみずからの身命が尊いものであるという事もしっかり自覚しなければならない。

桂岩寺の五百羅漢さんを彫り上げた京仏師、吉岡親子の仕事振りはまさに道元禅師の言われるとうりで約25年の間、桂岩寺五百羅漢さんに身命をささげ親子とも亡くなられたとの事。金沢から訪れた依頼主桂岩寺住職さんにも会わずただひたすら彫上げた職人親子だった。 5月1日の法話より。                  与えられたことは最後まで全うしなければ。

早崎絵画教室の早崎先生、光風会展で2度目の会員賞受賞し新国立美術館の特等席(NO1室の一番いい席)に展示され我々生徒も大満足。特選並みの迫力。 今度は大和百貨店での個展。関係者皆で盛り上げたいものだ。

[PR]
by shintani7816 | 2018-05-02 15:46 | Comments(0)