<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月29日、日経新聞

信州大学、筑波大学でスポーツを楽しむ心を育む授業をやっているという記事があった。マラソンを通じて地域との交流をも大切にしている。 走っていると脳がうまく働いて「なるほどそういう事だったのか」と物事の意味が分かったり謎が解けたりするという人がいる。 しかし走っている間はすべてのことから解放される。「空っぽ感」がある。 自分の場合は後者が当てはまるようだ。 筑波大学で半年練習を重ねることで、心理学でいう自己効力感(課題を実行できるという自分に対する信頼感)が高まるのが分かる。たとえレースで失敗しても、努力してきた者の自己効力感は落ちないというアンケート。 信州大学、筑波大学 頑張れ。学生に負けず学ぼう。
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-29 14:29 | Comments(0)

もうすぐ座禅

10月1日は日曜日。 つい先日、9月の座禅会が終わったところなのにもう10月。 休日しか来れないSKAさんは久し振りの参加間違いなし。 常連のEMIさんは来れるだろうか。心配。 あっという間に今年も終わってしまいそう。 「今年は良かった」で終わりたいものだ。
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-27 11:00 | Comments(0)

32.195キロ

やっとの思いで走った18日の32.195キロ、多少の筋肉疲労はあるが足腰大丈夫で一安心。 今年4月の加賀温泉郷フルマラソンも大苦戦しもう42.195キロは引退と決意。 しかし懲りずに10月の金沢マラソンにはエントリー、コツコツ練習し9月18日走ってしまった。 19日、血液検査では今まで見たことのない数値が2か所ありびっくり。どうも内臓に大きな負担がかかっていたと思われる。長距離は内臓負担が大きいと聞いていたが実際、自分の検査結果が証明している。毎日の訓練とあまり無理をしないことが大切と自分に言い聞かせている。
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-20 13:05 | Comments(0)

マラソンに挑戦する会2017

「記録や順位にとらわれずに、自分の体力に応じてゆっくり長く走る機会とする」という目的で開かれている大会の32.195キロに参加したのは9月18日。 12.195キロ。22.195キロ。42.195キロ部門同時スタート、800人の参加。石川県陸上競技場を発着し犀川河川敷10キロを往復するコース。最後尾に近い位置からのスタート、キロ8分を目標にゆっくり走り始めるも10キロは7分弱、20キロは7分強、で飛ばし過ぎと思ったが体が走れとの指令。ところが30キロまでは大苦戦。水、ポカリ、オレンジ、バナナ、スイートポテトを補給しても体力回復せず歩く回数が増える一方。 マラソンは自分との闘いと思っているがこの戦いは負け。やっとの思いでゴール。4時間8分15秒。 4時間を切るのが目標で8分15秒はかかり過ぎ。 でもあと10キロ走ればフルマラソンと考えれば大会の目的を達成したかなー。  金沢マラソンは10月29日。あと40日。 楽しく元気で走りたい。 
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-19 18:38 | Comments(0)

カルチャー祭り

a0142317_16172713.jpg
今年のカルチャー祭りで早崎絵画教室は油絵6点出品。2点出品しましたが中途半端にしていたのを完成させ見てもらうことに。一点は、ブロードウエイで見た「オペラ座の怪人」をイメージしきれいなブルーで描きたかった絵。この絵はイメージ道理に描けたかな。もう一点はかわいいフランス人形の絵。この絵はもう少し手を加えないといけなかったかなー。 カルチャー祭りで他の教室で絵を習っている同級生、教えている講師との再会もあり元気をもらういい機会でもあった。 
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-11 09:47 | Comments(0)

芸術の秋

3日、県美術館で「日展」鑑賞。洋画は絵画教室講師早埼先生の作品が目当。東京で一度「お会」いしていますが金沢での作品は同じでも何か違っているよう。展示の場所が入口正面でしかも見やすい高さにあったからだろうか。 先生の思いがずっしり感じられ大感激の作品でした。 彫像部門ではクロッキー仲間、細川さんの像。  アトリエでの像、東京新国立美術館での像、金沢の美術館での像、同一作品でもだんだん良くなってきたと思うとの作家細川さんの話。 早崎さんの作品、細川さんの話、分かるような気がするしこれが芸術なのかなー。  その後、しいのき迎賓館のガラスを見ると何やらコンサートが始まるらしい。 中に入ると「一泉エンジュル」ハンドベルコンサートオープニング10分前、でこれは聞かなくては。 司会者によると皆、31期男女12人の同級生メンバー。 ということは19年後輩。曲に合わせ表情豊かに演奏してくれメンバーみなとても楽しそう。 アンコールもあり何か得したよう。 そういえば20年前、我々も同級生同士の活動は負けていなかった。 今週末カルチャー祭りがあり、油絵2点展示予定ですがどう見てもらえるだろうか。 
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-04 22:23 | Comments(0)

9月1日

9月1日早朝、AM4.30になっても薄暗く夜明け前。この1か月の変化は著しい。 この日も常連のEは欠席。来月の参加を期待しよう。 31日、策士、ハリルホジッチ監督が率いる日本、6大会連続ワールドカップ出場を決めた。 後半、21歳の井手口選手が決めたミドルシュートに思わずテレビの前で拍手。 つきもあったがハリルの大博打がズバリ決まった試合でした。 試合後、監督、 日本語で 「有難うございました。」の挨拶。  試合に出れなかった本田 「自分に危機感を与えてくれることに感謝です。めちゃ悔しい思いをさせてくれる選手が出てきた。」と危機感に感謝。                 
     今月の法話は「ありがとう(有り難し)」 普段何気なく使っている、お礼の言葉。語源は「有難し」という仏教に関する言葉。     「人の生をうくるはかたく、 死すべきものの、生命あるもありがたし」 法句経   人と生まれた生命の尊さを教えてくれる言葉、「有り難し」はいつしか感謝の意味するものとなり、やさしく美しい言葉になりました。   ハリルホジッシ監督、本田選手も 「有難う、感謝」 自然と心から「ありがとう。かんしゃ。」  8月は災害等いろいろありましたが9月はいいスタートが切れますよう。
[PR]
by shintani7816 | 2017-09-02 09:54 | Comments(0)