元旦

  天上天下 当処永平

永久に平和であること。頭で会得しただけでは永久の平和ではありません。
頭で実行するのは観念の仏法である。観念の仏法では世界は治まらない。やはり体得で、体でそれを悟らなければなりません、いわゆる「天上天下 当処永平」 口で言うより実行。実行で示す。頭で考えている間は迷いだ。観念の仏法だ。世の中はみんな頭で考えておる。体でしない。しかし、頭でなんぼ立派な事を考えても、口で言っても、実行しなくては何の意味もない。口でいくら説いても、それは解釈に過ぎない。実行する事が座禅。すべてが道でなければならない。剣術ではなく剣道でなくてはならない。術は手先だけの事、道は体で実行する事。只管打坐であること。

                      永平寺 宮崎禅師

元旦、蒲田住職に教わるが本当にそう思う。 有り難い事。
4月1日、「平成」からどんな元号に代わるのだろうか。       それは  「永平」 と予想する。

元旦の座禅会は何と25人。そのうち女性も多数。36年間参加しているがこんなに活気があり華やかな座禅会になるとは。豪華な「桂岩寺」料理頂き25人今年もやる気満々。 有難うございます。 感謝。

帰宅し大阪の次男、娘家族と片道3.5キロ、ランし尾山神社にて初詣。   「楽しく走れますよう」 皆びっくりするほど元気で頼もしい。
今年、 爽やかなスタートが切れました。

今年もよろしくお願いします。

by shintani7816 | 2019-01-05 09:43 | Comments(0)


<< なんで 千秋楽 >>