12月1日

早いもので今年12回目の座禅。 若い女性と出会い、どうぞ、だけ声をかけたが後で自己紹介の時、初めて、と知りもっと上手にエスコートしてあげればよかったと後悔。今日、2名の初体験者を含め女性群は10名も。合計22名で平均年齢もぐんと若くなり住職さんもここ毎月座禅の組み方を指導してからのスタート。45年も続いている座禅会はこの会のみという。

先今年無事 芽出度千秋楽
まずは今年も無事 めでたく千秋楽

平穏に一年を終え千秋楽を迎えてまことにおめでたいという一年を締めくくる言葉

千秋楽(千穐楽) とは中国で千秋楽節(皇帝の誕生日)に演奏した楽曲の名で、法会などの最終日に演奏されたことから、物事の最終段階を表す語として用いられるようになった言葉。

九州場所の千秋楽で見事優勝した貴景勝は親方の教えを忠実に守りひたすら稽古を積み重ね栄冠を勝ち取った若武者でこの謙虚な優勝者は相撲フアンの心をぎゅっとつかんでしまった。是非元師匠、貴乃花の素晴らしいところを受け継いで欲しいと思う者は自分だけではない。

大雪から始まり、台風、水害、地震と災難に見舞われ大変だった今年もあと1か月になり今こうして座禅が出来る幸せに感謝。   新しい気持ちで座禅を

[PR]
by shintani7816 | 2018-12-01 09:53 | Comments(0)


<< ご苦労さん会 早崎先生の個展 Ⅱ >>